命はお金で買えない|脳梗塞は早期発見が大事

病棟

脳の血管の病気

男性

脳動静脈奇形は、動脈の先端が毛細血管に細分化されない先天性の病気です。これにより脳内出血などの脳疾患が誘発されやすくなります。疑われる場合は適切な検査設備を持つ病院に行くことが大事です。開頭手術や放射線治療などを併用することで治療効果が高まるため、これらの治療に対応できる病院に人気が集まっています。

View Detail

女性に多い良性脳腫瘍

頭痛

脳腫瘍の中でも最も多い髄膜腫は、脳を包んでいる髄膜に発生した良性腫瘍です。男性よりも女性に多く、腫瘍が脳を圧迫すると頭痛やてんかんなどの症状を訴えるようになります。脳腫瘍手術の豊富な実績を持つ病院で腫瘍を取り除けば、術後の経過も良好です。手術ができない場合は経過観察を経て放射線治療も可能です。

View Detail

身近な脳の病気

女性

どんな病気かを知る

脳梗塞は、脳の血管が狭くなったり詰まったりすることによって、脳へ栄養素が十分に送られなくなり、脳に障害を伴ってしまう病気です。脳梗塞の原因は様々考えられますが、多くの場合生活習慣が関わっている場合があります。不規則な食生活や運動不足が続くことによって血流が悪くなり、その状態を放置してしまうことでドロドロの血液が血栓となって固まり、血管が詰まってしまうようになります。また、元々血管が狭くなりやすい人が、脱水や血液低下などの何らかのきっかけを伴って発症してしまう場合もあり、人によって様々です。脳梗塞は、血栓などの出来やすい高齢者に起こりやすく、死亡率が高いと共に、発症率も高い病気です。脳梗塞は誰にでも起こりうる身近な病気のため、出来るだけ若いうちから予防しておく必要があります。

予防対策

脳梗塞の効果的な予防対策が、生活習慣の改善です。規則正しい生活を送り、適度な運動と睡眠、食事をバランス良く摂り血流を常に安定させることによって、血栓が出来にくくなり、血管が詰まることもなくなります。また、玉ねぎや納豆など、血栓を溶かし血液をサラサラにする作用のある食べ物を積極的に摂取することも効果的です。またもしも発症してしまった場合は、手足に力が入らなくなったり、ろれつが回らなくなったり、理解力が低下したりなどの症状が見られます。そのような症状が少しでも見られた場合にはすぐに病院へ行き、精密検査を受け早目に治療を開始することが必要となります。早期発見と治療が、完治と再発防止のカギとなります。

精神科などでの治療

婦人

自律神経失調症とよばれる病気に対し、医療機関では薬物療法が提案されています。処方される薬の効果や副作用を知ることも重要ですが、患者側は体調の変化を随時報告することも大切で、依存性のない完治へと結びつきます。

View Detail