命はお金で買えない|脳梗塞は早期発見が大事

医師と患者

脳の血管の病気

男性

脳動静脈奇形とは、先天性の脳の血管の病気です。通常であれば動脈の先端部分が毛細血管に細分化しますが、脳動静脈奇形の場合はそれが不完全にしか細分化されないのです。その結果、動脈と静脈が毛細血管を介さずに繋がってしまうという奇形が生じます。脳動静脈奇形になると、動脈と静脈の間で酸素と栄養の受け渡しがスムーズにできなくなります。また動脈と静脈にダイレクトに血流による圧力がかかるため、脳内出血やくも膜下出血を発症しやすくなります。頭部に何らかの異変を感じた場合、脳動静脈奇形になっている可能性が考えられるため早急に適切な治療を受けることが必要です。脳動静脈奇形が疑われる場合には、CTスキャンやMRIなどの検査機器が揃っている病院に行くことが大事です。脳動静脈奇形は、こういった検査機器でないと発見することが難しいためです。カテーテルを使った脳血管造影が行われている病院であれば、さらに安心です。

脳動静脈奇形の治療は、主に外科手術が適用されています。薬などの内科的な療法では治療ができないためです。ただし、けいれんなどを抑える対処療法的な治療は行われています。脳動静脈奇形の手術には様々な種類があり、それぞれの状態に応じて最適な方法が提示されています。脳の血管が対象になるため、手術内容はとても繊細です。開頭手術によって問題の部位を取り除く手術が主流ですが、その他にもメスが入りにくい部位に放射線を照射して脳動静脈奇形を閉塞させる方法があります。また、大腿動脈からカテーテルを入れて開頭せずに手術する方法もあります。これらの手術は、状態に応じて併用することで治療効果を高めることができます。つまり、いずれの治療にも対応できる医師と設備が必要になってくるのです。そのため、これらの条件を備えた病院に高い人気が集まっています。